内蔵脂肪を頑張らなくても減らす方法

ダイエット雑学
スポンサーリンク

内蔵脂肪も燃焼させないと、
脂肪を減らすことが出来ません。

ですが、内蔵脂肪を燃焼させる効果的な方法を
知りたいという人は多いですが、
効果的な方法はあまり無いように感じます。

お腹や足や腕の気になる脂肪を燃焼させて、
スッキリとスリムになっていきたいものです。

脂肪燃焼の方法や脂肪燃焼に関してのメカニズムなどや、
筋肉と脂肪の関係性についても紹介していきます。

スポンサーリンク

内臓脂肪を燃焼させるには?

内臓脂肪を燃焼させるに効果的な方法は、
「運動」をすることが効果的です。

内臓脂肪というのは皮下脂肪よりも燃えやすくて、
短い時間のトレーニングでも、ある程度は脂肪が燃焼され減っていく
ということが分かっています。

内臓脂肪を減らすための運動といえば、
激しい筋肉トレーニングをイメージするかも知れません。

ですが、30分も続けられないような
強度の高い運動で消費されるのは、
脂肪ではなく糖質なのです。

内臓脂肪をエネルギーとしてたくさん消費できるのは、
むしろ有酸素運動なのです。

筋肉に負担をかけるトレーニングよりも、
ゆったりとマイペースで運動ができる有酸素運動のほうが、
内臓脂肪を燃焼させるのに効果的と言えます。

筋トレと有酸素運動を組み合わせるのが効果的

有酸素運動を継続するのは健康的なのですが、
それだけでは脂肪は落とせないのです。

内臓脂肪の燃焼を大きくするには、
筋トレも行う必要があります。

筋トレは約10分程度してから、
有酸素運動をします。

筋トレは筋肉をキープするだけのトレーニングなので、
特に力を入れて行う必要はありません。

一番力を入れる運動は、有酸素運動です。

それでも有酸素運動は頑張りすぎないことがポイントで、
しっかりと強度をコントロールして
30分以上続けられるようにします。

有酸素運動では一般的に知られる「ランニング」や「ジョギング」が、
内臓脂肪の燃焼を促進させます。

「ランニング」をするという場合は、
余り速いスピードで走ると、無酸素運動の比率が高まります。

エネルギー源として糖質が使われるので、
最大の心拍数が「50~70%」を保ちながら、
ランニングをすると脂肪燃焼効果が高くなります。

ランニングが苦手の場合は、
ウォーキングをしても効果は高いです。

ウォーキングでも内臓脂肪の燃焼が可能なので、
毎日45分から1時間程度ウォーキングをすると
内臓脂肪は減っていきます。

内臓脂肪を燃焼させる筋力トレーニング

 

内臓脂肪に効果がある筋トレは、「スクワット」です。

普通のスクワットは、両手を頭につけて行いますが、
これを両手を前に出しながらスクワットをすると
お腹も引き締まります。

最初に筋トレを10分程度してから、
有酸素運動をするようにすると
効果的に脂肪を落とすことが出来ます。

若干きつめの筋トレをするほうが、効果的と言えます。

まとめ

 

 

内臓脂肪を落とす方法は、
筋トレや有酸素運動をする必要があります。

筋トレは10分程度の軽い運動でも良いので、
最初に筋トレをおこなってから有酸素運動をしましょう。

さらに、カロリー制限をすることで、
効果は更に上がっていきます。

有酸素運動は内臓脂肪だけではなく、
皮下脂肪も落とす効果もあるので
筋トレと一緒に、毎日習慣的に行いたいところです。

内臓脂肪というのは比較的燃えにくいと言われているので、
筋トレには余り時間をかけないで
有酸素運動の方に時間を使うようにしましよう。

脂肪は日頃の運動不足や食生活の乱れにより、
蓄積をしていきます。

内臓脂肪を燃焼させるために行う筋トレは、
「ノーマルスクワット」が効果的です。

ノーマルスクワットは、
両手を前にしてお尻を引きながら地面と太ももが平行になるように、
スクワットをするだけの簡単な運動です。

ただ、何度もしているとかなりきつい運動なので、
内臓脂肪を落とす効果はあるでしょう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました