効果的な置き換えダイエットで朝昼晩のいつが最適?

ダイエット雑学
スポンサーリンク

体質改善につながるので、
置き換えダイエットにチャレンジする人もいるでしょう。

どんなふうに置き換えればよいのか、
わからないという人もいます。

今回は、置き換えダイエットを
朝昼晩のいつが最適なのか、紹介をしていきます。

スポンサーリンク

置き換えダイエットは朝昼晩のいつが良い?

「短期間で体重を落としたい!」

「短期間で体重を落としたい」

「痩せやすい体質を作りたい」

そう考えて置き換えダイエットを始めようとしても、
朝昼晩のどれが良いのか悩んでしまいますよね。

置き換えダイエットに最適なのは、
夕食が良いです。

酵素ドリンクやこんにゃく麺などで、
置き換える人もいます。

そうした場合でも晩ごはんに、
置き換えたほうが効率よくダイエットが出来るのです。

どうして、置き換えダイエットは
晩ごはんが良いのかについて、理由を紹介していきます。

理由1:食べ過ぎを予防できる

睡眠中は消費カロリーが、かなり少ない状態です。

夕食で食べすぎると消費カロリーよりも、
摂取カロリーのほうが多くなってしまいます。

そのため、睡眠中はカロリー消費があまりされないので、
そのまま脂肪が体に蓄積されてしまいます。

夕食に食べすぎると太る原因になります。

ですが、夕食に置き換えダイエットをすることで、
あまり脂肪を蓄積することがなくなります。

夜の食べ過ぎを回避することにより、
自然と蓄積するカロリーは減らすことが出来るということになります。

脂肪がつきにくくできて、内臓の負担もかけないので
翌日から代謝も安定しやすい
です。

理由2:寝るだけで継続しやすい

置き換えダイエットの天敵といえば、
空腹感です。

置き換え専用のドリンクやフードは、
口にすることはできますが通常の食事よりも、
お腹が空きやすくなります。

置き換えダイエットの失敗例としては
我慢できなくなって、つい何か食べてしまい
ダイエットに失敗するというケースもあります。

とくに朝の置き換えは、
昼食まで空腹に耐えなくてはいけません。

ですが、夕食の置き換えダイエットの場合は、
眠ってしまえば空腹感と戦う必要がないのでやり過ごしやすいです。

置き換えダイエットは夕食のほうが最適です。

なぜなら、睡眠中は消費エネルギー量が少ないので、
夜の摂取カロリーを控えると
体に脂肪が蓄積される量が少なくなるからです。

夜というのは一日の中で最も、
消費カロリーが少ない時間帯です

なので、置き換えダイエットは、
夜のほうが効果的だということになります。

夜の置き換えダイエットのデメリット

夜の置き換えダイエットには、
メリットも多いですがデメリットもあります。

次はデメリットを紹介していきます。

夜の置き換えダイエットは、
食べられないストレスがたまりやすいです。

確かに眠ってしまえば、
夜の置き換えダイエットは続きやすいです。

ですが、帰宅してから就寝までの時間帯というのは、
とにかくお腹が減りやすいですよね。

なので、通常の日本の食生活というのは、
夕食にガッツリ食べるというスタイルになっています。

夜にたくさん食べる習慣が根付いている人には、
夕食の置き換えダイエットは非常に辛くストレスがたまりやすいです。

置き換えダイエットのデメリットは、
夜の置き換えに我慢が続かなくなりダイエットを
継続できなくなることもあります。

そのような場合の対策としては、
ガムを噛むと言う対策が考えられます。

ガムを噛む事で交感神経が活性化されるので、
血糖値が上昇しやすくなります。

満腹中枢も刺激されるので、
少しは満足感を得られるでしょう。

まとめ

置き換えダイエットをする場合は、
夕食を置き換えてダイエットをすると良いでしょう。

夜は体を動かすことが少ないので、
消費されるエネルギー量が少ない状態になります。

なので、夕食で多く食べすぎると、
夜は余り動かないので太りやすくなります。

ですが、夕食に置き換えることにより、
脂肪が蓄積される量が少なくてすみます。

その結果、太りにくい状態になるのです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました