実はハチミツはダイエットに効果的だった!その特徴とは?

ダイエット雑学
スポンサーリンク

ダイエットに「ハチミツ」は
避けるべき食材だと思っていませんか?

ハチミツダイエットは寝ている間に効率よく
脂肪燃焼をすることが出来ると
話題になっているダイエット方法です。

このページでは、ハチミツの効果はあるのかや
はちみつを食べるポイントなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

そもそもハチミツダイエットって何?

ハチミツダイエットは、寝る前にハチミツを
大さじ1杯ほど摂取することで成長ホルモンを促して
脂肪燃焼効果を促進させるダイエット方法です。

ハチミツダイエットはイギリスの薬剤師で
マイク・マッキネス氏により10年間に及ぶ
肝臓の研究で考案されたダイエット方法です。

睡眠のときに脳が肝臓に蓄えているブドウ糖を使い
エネルギーに変えて骨や筋肉の成長などや
タンパク質とか糖質の代謝をおこないます。

そのときに十分なエネルギーとなったブドウ糖は
ハチミツから摂取することで成長ホルモンの分泌が活発になります。

その結果、脂肪燃焼効果を高めることが出来るのです。

ハチミツの特徴とダイエット効果は?

ハチミツは甘いので食べると逆に太るのではないかと
不安に感じる人もいるかも知れません。

結論から言えば、適切な量を摂取するなら
ハチミツを食べても全く太りません。

ハチミツダイエットは基本的に寝る前に
1杯のハチミツを摂取します。

大さじ1杯のハチミツのカロリーは
「約62kcal」くらいしかありません。

確かに、パンケーキにハチミツを
たっぷりかけて食べると太る原因になります。

しかし、そのままスプーンで1杯だけ
食べるなら太る原因にはなりません。

ハチミツダイエットを実際に4週間した人6人中5人が
減量に成功しています。

なので、効果がないダイエット方法ではないと言えますね。

ダイエット効果が高いはちみつの食べ方は?

ハチミツダイエットは、寝る前にハチミツを
食べるだけではなく痩せるためのポイントを
正しく抑えて効果的にハチミツダイエットをしていきましょう。

まず、ハチミツの摂取量は大さじ1杯で
摂取量は常に大さじ1杯だけにしておきます。

大さじ1杯以上摂取すると
ダイエットで成果が出ませんので注意て必要です。

摂取のし過ぎも太る原因になります。

ハチミツは寝る1時間前に
摂取すると効果的です。

ハチミツがエネルギーとして
ちゃんと体に吸収されることが大切ですし
しっかりと睡眠することも必要なのです。

ハチミツを食べる場合は、そのまま食べるのがおすすめ
コップに入れて薄めなくても良いです。

ハチミツダイエットはそのままハチミツを食べることが出来るので
かなり手軽なダイエット方法だと言えますね。

ただ、そのまま食べるのに抵抗がある場合は
水やお湯で溶かして摂取するのも良いですね。

ハチミツは「生ハチミツ」を選ぶようにしましょう。

ハチミツには「水飴」などが加えられた
加糖ハチミツがあります。

加糖ハチミツは「ショ糖(スクロース)」なので
すぐにエネルギーとして吸収されないのです。

加糖ハチミツはダイエット向きではないので
選ぶときは注意してくださいね。

ハチミツダイエットをする場合は
人工的に加工されていない生ハチミツを選ぶようにしましょう。

人工的に加工されているハチミツは
せっかくの栄養素が壊れている状態です。

なので、生ハチミツを選ぶようにすれば
間違いはないと言えます。

まとめ

ハチミツダイエットは、寝る前に
大さじ1杯摂取して寝るようにしましょう。

ハチミツダイエットは、寝る前に大さじ1杯くらいを摂取して
成長ホルモンを促し脂肪燃焼効果を促進させるダイエット方法です。

ハチミツダイエットはイギリスの薬剤師マイク・マッキネス氏が
10年前に肝臓の研究で考案したダイエット方法のようです。

効果を実感している人もいるので
期待はできそうな気がします。

筋トレや有酸素運動に加えて試してみたい
ダイエット方法ですね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました