脂肪燃焼に効果的なのは有酸素運動と無酸素運動のどっち?

ダイエット雑学
スポンサーリンク

脂肪燃焼に効果的な有酸素運動と
無酸素運動のどちらが良いのか、
ダイエットをする上ではかなり気になる部分です。

運動と言っても筋トレにも細かい方法がありますし、
有酸素運動にしても、ランニングやウォーキングがあります。

どちらが脂肪燃焼に効果的なのか、
わからないですよね。

このページでは、有酸素運動のダイエット効果や
無酸素運動のダイエット効果などを、比較していきます。

スポンサーリンク

無酸素運動のダイエット効果

無酸素運動というのは、
簡単に言えば「筋肉トレーニング」です。

多くの場合は略して「筋トレ」と呼んでいます。

無酸素運動は酸素ではなくて、
糖をエネルギーとして使い乳酸を生成されるので、
短時間で疲れやすく強度の高い運動が
持続できるのは1分から3分
です。

なので、かなりハードなトレーニングをしない限りは、
運動中の消費カロリーは多くならないのです。

ですが、基礎代謝の50%以上を全身の筋肉で消費しているので、
筋肉を鍛える無酸素運動も無駄ではないのです。

無酸素運動をする場合は、基礎代謝が上がりやすいので、
脂肪が燃焼しやすくなります。

減量後もリバウンドしにくいというメリットもあります。

筋トレは鍛えた直後から代謝が上がって、
効果は48時間程度続くと言われています。

有酸素運動のダイエット効果

有酸素運動というのは、ウォーキングやランニングなど、
規則的に繰り返し長時間できる運動を言います。

体内に取り入れた酸素を脂肪と糖をエネルギーとして交換するので、
脂肪燃焼がしやすくダイエットにも効果的と言われています。

有酸素運動は長時間持続して続けやすいので、
続けていくことで脂肪や糖を消費して痩せることができます。

血液中の糖質も使用されますが、
一定以上の時間まで運動をすると
体内に蓄えられている脂肪もエネルギーとして使用されます。

その時間というのが20分と言われています。

有酸素運動は20分以上続けないと、
ダイエット効果は薄いと言われています。

ですが、実際には糖質よりも脂肪が多く使われ始めるのが
目安として20分なので、運動を開始したときから
脂肪もエネルギーとして使用されています。

20分以上の時間を取れないという場合は、
10分の運動を2回に分けても消費エネルギーは変わらないのです。

体脂肪を減らすための有効な運動とは?

有酸素運動と無酸素運動のどっちが、
ダイエットをするのに最適なのか悩むかも知れません。

無酸素運動の役割と有酸素運動の役割を考えると、
どちらも両方したほうが良いという結論になります。

どちらか一方だけでもダイエットは可能かもしれませんが、
結果が出るまでかなり時間がかかります。

多くの場合は結果が不十分で、
効果を実感することはないでしょう。

無酸素運動は直接脂肪を燃焼させるわけではないので、
数字としての効果は実感しにくいと言えます。

有酸素運動だけをしたとしても、
非現実的な運動量が必要となり散々な結果となるでしょう。

ですが、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることで、
理想的な運動方法になるのでダイエット効果は期待できるでしょう。

筋トレなどの無酸素運動で分泌される成長ホルモンは、
代謝を高めて脂肪を燃焼させる効果もあります。

なので、有酸素運動の前に無酸素運動を10分程度することで、
成長ホルモンが分泌されて有酸素運動の脂肪燃焼効果が上がります。

まとめ

有酸素運動と無酸素運動には、
それぞれ効果が違います。

有酸素運動は脂肪燃焼効果が高く、
無酸素運動は基礎代謝を上げる運動になります。

有酸素運動は筋肉を落とすと言われているので、
筋トレで筋肉を鍛えてから有酸素運動をしたほうが効果はありそうです。

もちろん、食べる量が多すぎると意味がないので、
食事制限もしましょう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました