見る見る減量?効果的な納豆ダイエット方法

ダイエット雑学
スポンサーリンク

今回は納豆ダイエットについて書いていきたいと思います。
一時期テレビで話題になった納豆ダイエット、
覚えていますでしょうか?

テレビ番組の影響で納豆がスーパーから
一つもなくなるという異常事態。
話題の納豆ダイエットと納豆の栄養素、
そのダイエット方法とは・・・?

スポンサーリンク

納豆ダイエットはどのくらい効率がいいの?

テレビ番組でも取り上げられ注目された
納豆ダイエットですが、
なぜ納豆ダイエットは
ここまでおすすめされるのでしょうか?

 

その秘密について納豆には様々な栄養素が含まれます。
おかめ納豆を発売しているタカノフーズ株式会社が公開している
『納豆の栄養価』によると、
納豆1パック(45g)に含まれる各栄養素は次の通り。

■たんぱく質……牛肉肩ロース45g分(7.4g)
■マグネシウム(エネルギーの代謝を助けて動脈硬化を防ぐ)……牡蠣3個分(45mg)
■食物繊維……にんじん1本分(3.0g)
■ビタミンE(コレステロールを減らし血行をよくする)……トマト2分の1個分(0.5mg)
■ビタミンB6(免疫機能を健全に保つ役割を担う)……銀杏約80粒分(0.11mg)
■カリウム(血圧を下げ、筋肉や心筋の活動を正常に保つ)……トマトジュース5分の3缶分(300mg)
■鉄分(立ちくらみやめまいから守る)……牛レバー約40g分
■カルシウム(イライラの発生を防ぎ、骨や歯の形成を助ける)……プレーンヨーグルト2分の1 個分(41mg)
■ビタミンB2(肌や粘膜の健康を保つ)……豚肉肩ロース約100g分またはししゃも5尾分(0.25mg)

納豆ダイエットは納豆で
「いかに少なく必要な栄養素を体内に取り込むか」
ということが前提です。

 

また納豆ダイエットというと「キムチ納豆」
でのダイエットが有名ですが、
なぜキムチ納豆がそこまで人気なのかというと
以下のような理由があります。

 

キムチ納豆ダイエットとは、
納豆を食べることで便秘改善なり肌も綺麗になり、
キムチを食べることでカプサイシンの燃焼効果が期待され、
Wの効果で健康的なダイエット効果を期待できる方法。

 

さらに、キムチ納豆ダイエットを行う上で重要なのは
「キムチと納豆を混ぜ、ある程度おいてから食べる」
とのことです。

キムチと納豆を混ぜることで、
納豆とキムチを混ぜて常温で一日置いておくと、
酵素が増えてダイエット効果がアップする
と言われています。

納豆には豊富な栄養素、
さらにそのダイエットを加速させるために
キムチ納豆ダイエット
簡単に実践できるのでおすすめです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました