お腹の脂肪を吸引するほうがダイエットの近道!?

ダイエット雑学
スポンサーリンク

脂肪を短時間で減らす方法がありますが
多くの人は「そんな方法はない」と思うでしょう。

しかし、医学的な根拠があり実際に成功者がいる方法でが
実際に存在するのです。

それが、「脂肪吸引」という方法で手術が必要になりますが
短時間で脂肪がガンガン減っていきます。

出来る限り脂肪吸引手術に頼らないで何とかしたいと
そのように思う人もいるかも知れません。

でも、ダイエットではどうしてもできないことが
脂肪吸引手術にはできてしまうので紹介をしていきましょう。

スポンサーリンク

脂肪をとるための施術「脂肪吸引」とは?

簡単に言えば、脂肪吸引とは皮下脂肪を特殊な吸引管で
脂肪を取り除いていくという手術です。

皮下脂肪に悩んでいる人や部分的に脂肪を取りたい人や
ダイエットとリバウンドを繰り返している人に用いられる手術です。

脂肪吸引の方法には
以下の6種類の方法があります。

・体内式超音波脂肪吸引(第一世代超音波)

・体外式超音波脂肪吸引(第二世代超音波)

・PAL(パワーアシスト)脂肪吸引

・エルコーニアレーザー脂肪吸引

・ボディジェット脂肪吸引

・ベイザー脂肪吸引(第三世代超音波)

脂肪吸引はリスクが大きいですが
脂肪が短時間で減っていくので効果は大きいです。

脂肪吸引の事故としては2017年12月に
名古屋の美容整形クリニックで脂肪吸引したあと
自宅で女性が亡くなったという事例もあります。

医学の進歩で死亡事故は減っているものの
死亡の可能性もあるということも忘れないようにしましょう。

胸の脂肪を減らしたくない人には脂肪吸引が最適?!

ダイエットをすると胸の脂肪も落ちていき
小さくなっていくのです。

それを嫌う人も中にはいるのですが
そういう女性の強い味方が脂肪吸引手術です。

ダイエットをすると全身の脂肪が減っていくため
胸の脂肪も減っていき小さくなっていきます。

つまり、バストの脂肪量を維持した状態で
お腹や腰の脂肪を減らすのはダイエットでは難しいのです。

そんなときに活躍するのが希望の部位の脂肪を減らす
脂肪吸引手術です。

お腹の脂肪吸引の場合は皮下脂肪ではなく
内臓脂肪の場合もあるので美容整形クリニックで
カウンセリングをするときに医師に相談をすると良いでしょう。

脂肪吸引の費用ってどのぐらい?

脂肪吸引に関しては料金に決まりがないため
クリニックによっても料金設定が大きく変わる場合が多いです。

場合によってはリーズナブルな価格で
脂肪吸引をしてくれるクリニックもあります。

基本的に、分院がたくさんある大手美容外科のほうが
料金設定は安い傾向にあります。

脂肪吸引はだいたい
1部位「10万円~40万円」します。

また、部位ごとに低下の料金を決めているクリニックもありますが
吸引した脂肪の量によっても料金が違うクリニックもあります。

切らない脂肪吸引手術に関してもクリニックによって
料金は大きく変わってきます。

脂肪溶解注射で1回で「2万円~4万円」で
超音波を使用した施術で1回「4万円~8万円」ほどになります。

切らない脂肪吸引の場合は1回で吸引できる範囲が狭いので
広い部位の場合は、それだけ費用がかかってしまいます。

脂肪吸引後は皮膚がたるむ!脂肪吸引をするときの注意点

脂肪吸引後は、皮膚がたるんでしまいます。

ですが皮膚も新陳代謝をしていて
1ヶ月~3ヶ月で細胞は入れ替わっているのです。

なので、脂肪吸引した後でも徐々に皮膚は縮んでいき
最終的には理想的な体型になります。

皮下脂肪を過激に吸引した場合は
表皮・真皮などの歯科組織の体積さが大きくなります。

皮膚の伸縮性の限界を超えたので
縮みきれずに余った皮膚が「たるみ」を引き起こしているのです。

そもそも、皮膚の伸縮性を保っている成分が
真皮層のコラーゲンとエスチレンという繊維成分なのです。

加齢によって減少していきますが新陳代謝も
若い頃より時間がかかってしまいます。

脂肪吸引したあとの皮膚の「たるみ」を防止するには?

脂肪吸引をするときは
医師と相談をすることが大切です。

脂肪吸引を過激にすると「たるみ」のリスクが大きくなりますが
経験豊富な医師の場合は、どの度合いを見極めることができます。

なので、通常は安心して任せることができます
どうなっても良いから大量の脂肪吸引をしてほしいと共用した場合は
あなた自身が悲しい思いをすることになるでしょう。

吸引後に皮膚の「たるみ」を防止するには
筋トレと有酸素運動をすることが大切です。

結局、脂肪吸引で脂肪を無くしても「たるみ」を無くすために
運動が大切になってくるので脂肪吸引は本当に必要なのか疑問に感じます。

見た目を出来る限り早く痩せたいという場合は
脂肪吸引手術はしたほうが良いかも知れません。

その場合は、脂肪吸引した部分は外部に晒すことに
勇気が必要になるかも知れません。

まとめ

短時間でダイエットを成功させるには
脂肪吸引手術が必要になります。

部分的に痩せることが出来るので
速攻で痩せたいという場合は脂肪吸引をすると良いかも知れません。

ですが、脂肪吸引をした場合は
脂肪を吸引した部分に「たるみ」が発生します。

この「たるみ」を無くすには
運動と筋トレが必要になります。

短期間で脂肪を無くす方法にはリスクが伴いますが
効果は非常に高いというメリットがあります。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました