コーヒーダイエットに使う緑茶やコーヒーを選ぶ注意点とは?

ダイエット雑学
スポンサーリンク

コーヒーダイエットは
ダイエット効果があると言われています。

コーヒーダイエットに使う緑茶は
こだわって選ぶ必要があります。

また、緑茶をコーヒーに混ぜて飲む理由を
紹介していきます。

スポンサーリンク

緑茶コーヒーで痩せる理由

緑茶コーヒーを飲むと、どうして痩せやすいのかと言えば
緑茶とコーヒーには「痩せ効果」というものが期待できるのです。

緑茶とコーヒーにはカフェインが含まれますが
コーヒーのクロロゲン酸と緑茶にカテキンを合わせると
脂肪燃焼効果が高くなります。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸はミルクを足すと
吸収効率が落ちるのでコーヒーはカフェオレで飲まないほうが良いでしょう。

ダイエットを考えるなら
ブラックで飲むようにしたほうが良いですね。

どうしてもブラックが苦手な場合は
緑茶を足すと苦味がマイルドになり飲みやすくなります。

そして、緑茶とコーヒーに含まれる栄養素を
バランスよく摂取できるので、ダイエット効果は高くなりやすいです。

コーヒーと緑茶をミックスさせると
コーヒーと緑茶は多くなりがちなカフェイン含有量を
減らすことができます。

そして、緑茶の成分のテアニンはリラックス効果が高いので
コーヒーに混ぜるとカフェインの覚醒作用と緊張作用を和らげます。

コーヒーと緑茶をミックスさせれば、
ダイエットに効果があります。

コーヒーと緑茶を交互に飲めば
同じような効果が期待できると思うかも知れません。

ですが、あくまでもミックスさせて飲むことが重要で
食後の血糖値が上昇しにくく痩せやすくなりのです。

同時に飲むことでそれぞれの成分の体内濃度が合わさって
相乗効果が期待できます。

痩せ効果があるコーヒーのクロロゲン酸は食後の
血糖値の上昇を抑えてくれますがコーヒーに含まれる
カフェインは一時的に血糖値を上昇させます。

緑茶をコーヒーに加えることでカテキンに含まれる
「エビガロカテキンガレート」という成分が効果を発揮します。

「エビガロカテキンガレート」は
小腸から糖質の吸収量を減らし急激な血糖値の上昇を抑えます。

緑茶とコーヒーはどのようにして作りどう飲むのかですが
緑茶とコーヒーを「1:1」で割ったものを1日3杯飲むだけでOKです。

1回の量はだいたい「250~350ml」くらいで良くて
食前に大きめのマグカップで飲むと食べ過ぎも防ぐことができます。

緑茶やコーヒーを選ぶ際の注意点

緑茶とコーヒーを選ぶときも
何らかのコツが必要なのか気になるかも知れません。

コーヒーはカフェインやクロロゲン酸が含まれていれば良くて
別にインスタントコーヒーでも良いでしょう。

コーヒーのクロロゲン酸は焙煎すると減るので
深煎りよりも浅煎りのほうがダイエットに最適と言えます。

缶コーヒーの場合は砂糖やミルクが入っていない
純粋なブラックを選ぶようにしましょう。

お茶もカテキンとテアニンが含まれていれば
市販のペットボトルでも良いでしょう。

ダイエット効果を期待する場合はカテキンが少なめの玉露よりも
カテキンとテアニンのバランスが良い緑茶が良いですね。

よりカテキンが抽出されやすい80℃以上の高温で
入れるとさらにダイエット効果が期待できそうです。

ダイエットの鉄則は継続です。

あなたにとって一番続けやすい方法で
緑茶コーヒーを1日3杯は飲み続けることを意識しましょう。

まとめ

緑茶コーヒーはダイエットに最適な飲み物ですが
最初は緑茶にコーヒーをミックスさせるのに
抵抗があるかも知れません。

飲んでみると意外に美味しくて
1日3杯は楽勝ですよ。

緑茶コーヒーだけではなく、有酸素運動もしっかりとすることで
ダイエット効果は更に引き出せます

緑茶コーヒーは魔法の飲み物ではないので
補助的に利用して痩せやすい体質にしていくようにしましょう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました