ジムで運動をすると体重が1キロ増えお尻もパンパン?!この場合の対処法

ダイエット雑学
スポンサーリンク


ダイエットと運動をしたいという一心で
ジムに通う人もいるかも知れません。

ジム通いをしていて生理前の体重と体型が
明らかにひどくなりお尻もパンパンになったという意見がありました。

ジムに通っていると体重が1キロ増えて
生理前の10日~前からお腹が妊娠しているみたいに
張りが目立つようになったという悩みがある人もいます。

ジムに通うとお腹の張りが妊娠したみたいになるのかや
ジムで筋トレなどをすると体重が増える理由を紹介していきます。

スポンサーリンク

ジムで筋トレをすると体重が増えて当然な理由とは?


ジムに通ってお腹が妊娠したみたいに腫れるなら
それは、ジムに通うのが原因ではありません。

妊娠する理由が見つからないのであれば
病院に行き医師に相談をしたほうが良いでしょう。

ただ、ジムに通い筋トレをしたという場合は
体重が増えても仕方がないと言えます。

なぜなら、脂肪よりも筋肉は重量が重いので
筋肉がつくと体重も増えてしまいます。

ただ、体脂肪が減っている状態で筋肉がつくのは
それほど深刻な問題ではありません。

さらに、筋肉が張っている状態なら
各部分がパンパンになるかも知れません。

ですが、パンパンになるほどの筋肉量になるには
女性の場合は男性以上に過酷な筋トレを2年以上は継続しないと無理でしょう。

つまり、ジム通いで筋肉量が増えたことで
体重が増えることは良くある話だということです。

また、体重が減るのは翌日のみで2・3日で元の体重に戻る場合は
水分が原因だと考えられます。

フィジカルトレーニングのあとは、ダメージを受けた筋肉を回復させるために
水分を蓄えようとする働きがあります。

なので、直後の水分補給や食事からの水分吸収は
他の人比較しても可能性的には高いと言えます。

食事の見直しをして様子を見るというのも
一つの方法だと言えます。

ジムに通って体重が増えたときの対処法はこれ!


ジムに通っているのに体重が増えたという人に多いのが
自分に対して甘いということです。

たとえば、ジムでも苦しい時間が続くランニングなど
有酸素運動は避ける傾向にあり、ベンチプレスや
ショルダープレスなどのウエイトトレーニングをすることが多いです。

無酸素運動後に有酸素運動をすると
かなり効果的なダイエットになります。

しかし、ジムに通っているのに体重が増えるという場合は
ウエイトを済ませたあとに訪れる達成感に叶わずそこでアッサリと
トレーニングを終了してしまう傾向にあります。

もし、ジムに通っているのに体重が増えたと悩んでいる
そこのあなたは、どんなに辛くても有酸素運動も行いましょう。

ジム通いをして体重が増える原因はこれではないですか?


ジム通いをして体重が増える原因は
食事制限が甘い可能性があります。

食事制限をしているのに「ジムに通っているから」という理由で
間食やスナック菓子を食べていては元も子もありません。

なので、ここは歯を食いしばりカロリーの高いものは
食べないようにして、間食は健康食品で我慢するなどすればよいでしょう。

どうしても我慢ができない場合は「こんにゃくせんべい」のような
カロリーが低いものを食べるなど工夫をするのも良いですね。

まとめ


ジムで運動をすると筋肉が張るのは
筋肉が鍛えられた証拠かもしれません。

ただ、妊娠したように腫れるなら妊娠をする理由が見つからない場合は
病院に行き医師に相談すると良いでしょう。

ジムで運動をしているのに体重が増える場合は
運動方法自体が間違っている可能性があります。

筋トレをしてから有酸素運動をするようにすれば
体重が減りやすいでしょう。

さらに、ジムが終わってから間食をしていたり
カロリーの高いものを食べているなら
今すぐにやめてカロリーの低い食べ物を食べましょう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました