卵のたんぱく質で筋肉を!効率的なダイエットの鍵とは・・?

ダイエット雑学
スポンサーリンク


今回は卵とダイエットについての
関係性について書いていきたいと思います。

卵といえば栄養素が高く
食物繊維とビタミンC以外はクリアしている、
なんていわれる栄養価の高い食材ですが、

 

卵を食べる上でのコツとは・・?

スポンサーリンク

卵のたんぱく質は もっとも良質 ?

ダイエットに もっとも欠かせないのが
【たんぱく質】です。

 

なぜたんぱく質が鍵なのかというと
以前はダイエットはというととにかく痩せる、
というのがダイエットの基本でした。

 

たんぱく質は主に筋肉の元になりますから
良しとされてきませんでしたが
筋肉量が落ちて基礎代謝が下がると、
ますますやせにくい体になってしまいます。

 

なのでたんぱく質をとらないと健康を害しますし、
ダイエットの本来の目的である
「痩せる」という目的から遠ざかってしまうんですね・・

 

たんぱく質はどんな働きがあるの?

 

たんぱく質は、筋肉・髪の毛・爪・肌を作ってくれる、
私たちにとって欠かせない栄養素です。

 

人は約60%水分でできており、
20%はたんぱく質でできているのです。

 

そのたんぱく質の一つが身近にある「卵」で
効率的に摂取できます。

 

たんぱく質の補給にはぜひ卵は取り入れたい食材です・

1日何個食べればいいの?

 

卵ダイエットをするのであれば最低でも
1日2個は食べましょう。

 

最近は食べる個数の制限は無くなりました。

 

何個でも食べてOKという事です。

 

以前は厚生労働省において
コレステロールの摂取基準が定められていたため、
コレステロール値が高いたまごは
日2個以上食べることを敬遠されていました。

 

しかし、コレステロールの摂取量は
食事からの影響は受けない、
ということがわかり
卵ダイエットの常識が見直されました。

 

コレステロールが気になる、、、
という方も大丈夫!

 

大細胞はコレステロールでできているのでむしろ
私たちにとっては必要なのです。

 

どうしても気になるという方は、
1日3個程度にしましょう。

 

生卵・温泉卵・ゆで卵の中では何が一番いいの?

 

卵には生卵・半熟卵などさまざまな卵料理がありますが
栄養としてはどれも同じと言われています。

 

ですが、「生卵」がオススメです。

 

どれもほぼ同じですが唯一違いがあるとすれば
体内での消化時間です。

 

ゆで卵のほうが消化に時間がかかるため
腹持ちがいいとされています 。

 

きっと、ゆで卵の方が食べやすいという方が多いはず。
その場合は半熟ゆで卵をぜひ食べましょう。

 

生卵を食べる場合は、
卵かけご飯が一番食べやすいですね。

 

ただし、決して生じゃないとダメ!!
というわけではありません。

 

卵を食べる、という事が大事になってきますので、
食べやすいものをぜひ選んで食べてください。

 

食べた後の効果は?痩せるの?

 

ココが一番気になるところですね。
卵は、1個に対して約90カロリーと言われています。

 

1カ月ゆで卵でダイエットをした結果、、、、、

 

筆者の私は1カ月で約3.5キロ減しました!!!

 

これはデカいですね。

 

方法は、
朝食時に卵を「目玉焼き」「卵焼き」「ゆで卵」などを取り入れ、
昼食時に会社へゆで卵を食べました。

 

帰宅後の夜も同じくゆで卵を食べていました。
もちろんその他のご飯も同時に食べていましたが、
お米は少なくしていました。

 

また、お腹が空いた時もゆで卵を食べて
お腹を満たせていました。

 

食べていくうちに、毎日快便!
みるみるうちにお肌もつやつやになってきました。

 

アスリートの方は毎日生卵を5個コップへ割って、
そのまま飲むという方もいらっしゃる・・
なんて聞きますよね?

 

さすがにそれは卵ダイエットに
成功した私でも出来ませんでした。笑

 

なので、生卵はあきらめてゆで卵でやってみました。

 

今ではコンビニでもゆで卵が簡単に手に入ります。
茹でる時間が無い時などにオススメです。

 

まとめ

 

卵はダイエットでも大活躍の食材。
でもそれだけではなく、
日々生活していく面で「健康食材」
ともいえる食材の1つです。

 

やはり健康第一ですね。
快便は何よりの健康という証拠です。

 

そして、お肌も調子が良くなり、
一石二鳥という事です。

いかがでしたか?

 

ダイエットはうまく取り入れれば
体の調子もよくなるとても健康的な食材です。

 

たんぱく質をうまく取り入れ
筋肉をつけながらのダイエット、
挑戦してみてはいかがでしょうか・・?

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました