生クリームは太らない!!我慢をしない糖質制限ダイエットができる

ダイエット雑学
スポンサーリンク


ダイエット中でも甘いものを食べたいですよね。
ダイエット中だから和菓子にしよう!!でもいいのですが、
毎月のイベントも欠かせません△

誕生日・記念日・友達とカフェ・デート…

たくさんのイベントがある中で、
一人だけ我慢するのは周りからしても良くありませんよね。

では、ダイエット中でも甘いものを食べてもいいのでしょうか?

 

今回は甘いものの定番となる「生クリーム」について
ご紹介したいと思います◎

生クリームは、今ではいろんな場面で使われます。

ケーキやコーヒーは定番ですね。
以外にも、ごはん系でもクリームパスタや
隠し味にカレーに入れて
まろやか風味を出したりと使用できます。
スープにも使われますね。

 

おやつ以外でも使われる生クリームは、
ダイエット中でも食べていいのでしょうか?

イメージは、甘いので
糖質がなり多く含まれているような感じですよね。

では、実際どうなのかを調べてみましょう~!!

スポンサーリンク

【生クリームには種類があるのです!!】


生クリームは<動物性>と<植物性>そして、
この2つが混ざった<混脂タイプ>もあります。

生クリームって一体なんでしょうか!?

生クリームは、牛乳や生乳を原料として
植物性油脂や添加物を含まないもので、
また乳脂肪分18%以上のものを生クリームと決められています。

 

知っていましたか!?

パッケージに記載されている中で
「生クリーム」以外もあります。

それが、「ホイップ」「フレッシュ」という名前です。
このホイップとフレッシュというのは、
生クリームではありません!!

では、この知識を知った上で
「植物性」と「動物性」について
もう少し詳しく説明していきますね。

 

■植物性■

ヤシ油や大豆油など植物から摂取したものになります。
そこへ乳化剤を加えてクリームに加工している状態です。

植物性は、生クリームに似ていますが、
本来の生クリームと比べると
さっぱりしているような風味になります。

イメージは硬いクリームです。

こちらの商品名を
「ホイップ」「フレッシュ」と記載しています。

生クリームでは無いため、金額も安くなっています。

植物性のホイップは、
泡立てるのに少し時間が掛かってしまいます△
電動泡だて器を使うのがオススメですね。

今では、クリーム状で売られている商品もあります。
そこまで甘くもないので、
生クリームが苦手な方は、こちらがオススメです。

色が白いのが特徴です。

 

■動物性■

動物性というのが
「生クリーム」そのものになります。

こちらは植物性のものと比較すると、
かなり濃い触感を味わえます。

色も、少し黄味がかった色をしています。
しっかりと甘さもあるので、
甘い方が好きな方はこちらがオススメです。

こちらは、短時間で泡立てることが出来ますが、
逆に泡立てしすぎると、
分離してしまう恐れがあります。

動物性の生クリームはクリームですべて売られています。
料理に使う時も基本的に生クリームを使用されます。

 

植物性と動物性の違いは分かりましたでしょうか!?

まとめると、、、

植物性=ホイップ・フレッシュ

動物性=生クリーム

という事です!!
この違いを是非知っておきましょう!!

 

では、気になるのは、カロリーや糖質です。
ダイエット中でも食べていいのかを見てみましょう。

 

【生クリームのカロリーと糖質を教えて!!】


生クリーム(動物性)・ホイップ(植物性)の
カロリーと糖質について知っておきましょう!!

[生クリーム(動物性)100gあたり…433カロリー/糖質3.1g]

[ホイップクリーム(植物性)100gあたり…422カロリー/糖質17.6g]

カロリーは確かに高いです。
けど、凄いのは糖質!!
生クリームの方が断然低い!!

これを見るとダイエット中でも大丈夫と感じますね。

 

ところで生クリームのパック量は200gと知っていましたか!?

この200gでクリーム状にしていき、
ケーキで言いますと1ホール使用する量となります。

と考えるとかなりの量になり、
1回の食事でもそこまで食べる事は出来ません。
100gでも多い方です。

食べ方にもよりますが、
パンケーキを食べる時やコーヒーにのせる時も、
そこまでの量ではありません。

それが、生クリームなのか
ホイップなのかで太る太らないが決まる、という事です。

もちろん食べすぎは良くありません△
生クリームは糖質が低いから~!!と言っても
量が多ければ意味はありません。
適量を心掛けましょう。

 

【生クリームも栄養豊富なんです!!】


ただのクリームと思わないでくださいね!!
生クリームも私たちにとって必要で
嬉しい栄養が詰まっていますよ◎

 

■動物性:生クリーム■

・ビタミンB1

ストレスや疲労回復効果があります。
また認知症も予防してくれる働きがあります。

 

・カルシウム

骨や歯を丈夫にする働きがあります。

 

・ビタミンE

活性酵素による細胞を守る働きを持っており、
老化予防の働きもあります。

 

・ビタミンB2

皮膚や粘膜の成長を促しお肌を整えてくれます。
口内炎や肌荒れの改善もしてくれます。

 

■植物性:ホイップ■

・脂質

臓器を保護し、寒冷から守る働きをしてくれます。

 

・たんぱく質

筋肉や臓器を構成する働きがあります。

 

・リン

カルシウムと同様に骨や歯を作る効果を持っています。

 

植物性も動物性もそれぞれに
栄養が含まれていることが分かりました。

ただただ太るものではなく、
生きていくためにも必要な食材となります。
是非知っておきましょう~~!!

 

【植物性は危険!?食べる前に知っておくこと!!


「トランス脂肪酸」はご存じでしょうか?

食べるプラスチックと言われているくらい危険なものです!
聞くだけで怖いですね、、、

どんなものに入っているのか?

これらは人工的に作られた油に含まれています。
例えば、マーガリンやファットスプレッドなど。

悪玉コレステロールを体内に増やし、
善玉コレステロールを減らす働きがあります。

これにより、動脈硬化や
虚血性心疾患(心筋梗塞など)のリスクが高まります。

基本的に『植物性』に含まれているので、気を付けて下さい!!

 

生クリームは「純生クリーム」となり、
これらの心配はありません!

コストはかかりますが、
やはり動物性の生クリームを食べる事を心掛けた方が良いですね。

安全第一です。

アレルギーの方や妊娠中の方は特に危ないので、
生クリームを食べるようにして下さい。

 

【まとめ】


結論、生クリームは
ダイエット中でも食べてもOKという事が分かりました。

食べすぎは良くありませんが、
全く食べないというのはしなくていいです!!

友達や彼氏彼女といる時は、
遠慮せずに楽しい時間を過ごしてください~!!

そして、「動物性の生クリーム」を食べるように心がけましょう!!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました