痩せるために必須のおすすめローカロリー食品3選

ダイエット雑学
スポンサーリンク


痩せるためには
カロリー制限をする必要があります。

しかし、どのようにカロリーを制限していけばよいのかや
計算方法がイマイチ理解できない場合は
市販のローカロリー食品を買ったほうが手っ取り早いです。

今回は、ダイエットに必須の
ローカロリー食品を紹介していきます。

スポンサーリンク

ローカロリー食品とは?


ローカロリー食品とはカロリー制限をする人に
最も最適に調理された食品を言います。

予め最初にカロリーを抑える工夫をしてから
市販していることが多いです。

ローカロリー食品はアイディア次第で
自分でも作ることができます。

時間があるという場合、ローカロリーな料理を
作ってみると良いでしょう。

また、ローカロリー食品を紹介する前に
食べれば食べるほど痩せる食品は
実在するのかといえば実際にはありえません。

運動も少なからず行い筋トレも少しやらないと
痩せることは難しいと言えます。

こんにゃくラーメン


こんにゃくラーメンはスープはラーメンスープですが
麺自体はこんにゃくです。

糸こんにゃくをラーメンスープに入れて
食べるのですが、意外に美味しく食べることができます。

こんにゃくラーメンは、ダイエットをしているときに
「ラーメンが食べたい!」と思ったときに作るのがベストだと言えます。

カロリーは普通のラーメンよりも低く
1食「55キロカロリー」しかありません。

こんにゃくラーメンはAmazonでも
楽天市場でも買うことが可能です。

楽天市場では送料無料で
1000円で販売していました。

こんにゃくパスタ


こんにゃくパスタもカロリーが低いので
パスタが食べたいときに作ると良いでしょう。

通常のパスタのカロリーは100gあたり「350kcal」で
かなりカロリーが高いです。

しかし、こんにゃくパスタのカロリーは
「70kcal」で、通常のパスタと比較してもかなりローカロリーです。

楽天で2680円で販売していますが
自分で作ることも可能ですね。

こんにゃくダイエットは効果あるメリットとデメリットは?


こんにゃくを使った料理を週に2回ほど食べ続けることを
「こんにゃくダイエット」というらしいです。

こんにゃく自体は健康に良くて
カロリーも低いのでアイディア次第でローカロリーな料理ができそうです。

次は、こんにゃくダイエットのメリットについて
紹介をしていきましょう。

こんにゃくダイエットのメリット


こんにゃくダイエットのメリットは
摂取カロリーを抑えることが可能という点でしょう。

こんにゃくは100gあたり「5kcal」程度しか無く
市販の板こんにゃくは1枚およそ300gなので、1枚食べても15kcalしかないのです。

さらに、こんにゃくはローカロリーなのに
満腹感を得ることができるのです。

なので、空腹感が辛い方には
先ほど紹介した「こんにゃくラーメン」が
とてもおすすめなのです。

こんにゃくダイエットをして2ヶ月で
効果を実感できたという人も結構いたりします。

また、こんにゃくにはセラミドが含まれていて
肌の潤いをアップさせる効果も期待できます。

そして、こんにゃくは板こんにゃくだけではなくて
刺身こんにゃくや糸こんにゃくなどいろいろな種類があります。

味付け次第で変化させやすいので
ダイエットを続けやすいのもメリットと言えます。

こんにゃくダイエットのデメリット


こんにゃくの主成分は食物繊維で
「グルコマンナン」は水に溶けやすい水溶性植物繊維です。

こんにゃくを作るときに凝固剤を使用しているので
水に溶けない不溶性食物繊維になっているのです。

こんにゃくを食べすぎると水分の重さにより
体重が増える用に見えるのはダイエットとしてはデメリットかも知れません。

さらに、消化されにくい食物繊維が腸内にたまることで
腸閉塞になる可能性もあります。

なので、1日300gくらいにしておきましょう。

まとめ


こんにゃくダイエットは、意外にダイエット効果が高く
こんにゃくを使った料理もアイディア次第では幅が広がります。

こんにゃくをカツ風に揚げれば
低カロリーなカツが出来上がります。

やり方次第では食感が肉みたいになるので
食べても本当にトンカツだと思うので全く気づかないです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました