痩せるための筋トレメニュー!基礎代謝を効率良く上げるには?

運動ダイエット
スポンサーリンク


ダイエットをするために有酸素運動だけでは
痩せることはできない場合もあります。

そうした場合は、筋トレをする必要があります。

筋トレは筋肉を鍛えるためにするのですが
それだけではありません。

筋トレは基礎代謝量を上げる効果もあるので
有酸素運動をする前におこなうと効果的です。

今回は、痩せるために筋トレがどうして必要なのかや
有酸素運動と無酸素運動の違いを紹介していきます。

スポンサーリンク

痩せるために必要なのが筋トレの理由


痩せるために必要な筋トレは
無駄な運動ではありません。

筋トレは筋肉を鍛えるためにおこないますが
実は、基礎代謝量を上げる目的でもトレーニングをします。

筋トレは毎日する必要はありますが
時間をかけてする必要はありません。

5分程度の筋トレでも十分なので
毎日継続して行うことのほうが大切です。

筋トレをする時間は5分程度ですが
毎日することで筋肉は徐々についてきます。

筋肉がついてくるということは
基礎代謝量も上がるので痩せやすい体質に変化していきます。

筋トレをダイエット目的でやると
「筋肉を鍛えたいのか痩せたいのか」という疑問を持つ人もいるでしょう。

しかし、筋肉を鍛えるという場合は5分程度ではなく
1時間以上も筋トレをする必要があります。

理由は、思ったほど筋肉は早く付きませんし
毎日時間をかけて鍛えないと筋肉は落ちていくからです。

しかし、筋トレに5分程度の場合は
筋肉は徐々に付きますが一気には付きません。

有酸素運動と無酸素運動の違い


そもそも、有酸素運動と無酸素運動と同じではありません。

よく勘違いされるのは有酸素運動は、酸素を吸いながらおこなう運動で
無酸素運動というのは息をしないでする運動だということではないでしょうか。

ですが、これは大きな勘違いです。

有酸素運動というのは、酸素を使い
糖質や脂肪をエネルギーに変えて行うトレーニングです。

無酸素運動というのは、短い時間で糖質を消費して
行うトレーニングを言います。

つまり、有酸素運動はランニングやウォーキングのように
マイペースで運動をします。

無酸素運動の場合は
負荷の高い運動を短期間で行う事を言います。

有酸素運動は脂肪をエネルギーに変えるので
ダイエットに向いている運動だと思われがちです。

そのため、筋トレは筋肉を鍛えるだけのための運動と
勘違いする人もいます。

しかし、無酸素運動のような筋トレは筋肉を鍛えるだけではなく
基礎代謝量を上げて消費カロリーを多くする効果が期待できるのです。

痩せるためには筋トレだけでしても意味がない!


痩せるためには筋トレや有酸素運動だけでは
全く意味がありませんし、ある程度したら体重が落ちなくなります。

なので、筋トレだけとか有酸素運動だけではなく
どちらも行うようにしましょう。

基本的にダイエットというのは食生活を見直すことで
結果を出しやすくなります。

食生活の見直しをしない限りは
痩せることはできないと言ってもよいでしょう。

ただ、食事を見直すだけというダイエット方法も
痩せにくいので運動を取り入れたほうが良いですね。

まとめ


痩せるために筋トレをすることは大切ですが
毎日しても時間をかける必要は全くありません。

最高でも10分程度でも良いですね。

食生活を見直して筋トレと有酸素運動を
毎日すれば確実に痩せていくでしょう。

ダイエット目的で筋トレをする場合は
以下のような筋肉を鍛えるほうが良いでしょう。

・大臀筋(お尻)

・大腿四頭筋(太もも前部)

・ハムストリング(太もも後部)

・下腿三頭筋(ふくらはぎ)

・三角筋(肩)

・上腕三頭筋(二の腕)

・大胸筋(胸)

以上の筋肉は人間の体のなかで最も体積を誇る部分で
とくに大腿四頭筋は4つの筋肉を集めた総称で
体の中でも最も大きな筋肉です。

以上の7つを鍛えれば
痩せやすい体になるのは間違いないでしょう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました