肥満解消をするならイカ・タコの効果は期待できる!?

ダイエット雑学
スポンサーリンク

実は、イカやタコと言うのは
ダイエットに向いている食材です。

なぜなら、イカやタコは低カロリーで、
高タンパク質だからです。

しかも、一番注目すべきなのが
「タウリン」の働きです。

タウリンとは何なのかや、
どういう効果があるのかなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

タウリンとは?

イカやタコに含まれている「タウリン」とは、
アミノ酸の一種で牛や魚などにも多く含まれています。

さらに、タウリンの効果とは、
簡単に言えばコレステロールを下げる効果があります。

また、コレステロールの代謝を
うながすという働きがあり、
血液の流れを良くするという効果も期待できます。

タウリンがダイエットに効果があると言う理由は、
「胆汁・胆汁酸」の分泌が増えていき、
肝臓についた脂肪を排出する働きがあるからです。

イカを食べ続けた結果

 

イカと言うのは低カロリーで
100gで179kcalあります。

確かに、ダイエットに効果的だと言われれば、
イカやタコのような低カロリーな食材を
食べ続けてしまいますよね。

確かに、イカと言うのは
低カロリーでヘルシーなのですが、
食べ過ぎてしまうと太ってしまう原因につながります。

しかも、同じ食材を毎日毎日食べ続けると、
消化に良くないしアレルギーなどが
発症する可能性もあります。

なので、以下も一辺倒な食べ方ではなく、
色んな食べ方や他の食材を食べるなど、
工夫も必要だという事になります。

また、イカやタコでダイエットをするという場合は、
消化に良くないので胃腸の調子が悪い場合は
あまり食べないほうが良い
ですね。

そして、タコは塩分が高いので
食べ過ぎには注意が必要です。

タウリンは、脂肪を燃焼させる
サポートをするのですが、食事だけを工夫しても
運動や筋トレをしないと痩せることはできません。

とくに、40代のダイエットは
運動や食事制限だけではなく、
筋トレもしないとダイエットで成功はしないといえます。

なぜなら、40代は基礎代謝が低下するので、
基礎代謝を上げるための運動が必要となるからです。

そのためには、筋トレも同時にしたほうが
良いといえます。

今すぐにでもできる食事制限を効果倍増にさせるコツ

早食いをする人と大食いをする人は、
肥満になりやすいと言われています。

その理由は、よく噛まずに食べるので
脳にある満腹中枢が、お腹いっぱいになったという
命令を出す前に必要以上に食べてしまうからです。

実は、噛む回数を増やすことで満腹感を速く感じ、
必要な量だけ食事ができるようになるのです。

さらに、よく噛む行為をすれば脳内から、
ホルモンが分泌されて脂肪が燃焼されやすくなります。

食事制限をしているのに噛む回数が少ないなら、
それは、あまり意味がありませんし、
太りやすい食べ方になっています。

食事制限をして1口30回噛むことを意識すれば、
満腹感も感じやすくなるのでダイエット効果も高くなるでしょう。

まとめ

 

イカやタコというのは、
ダイエットにも向いている食材です。

イカやタコに含まれている「タウリン」というアミノ酸が、
コレステロールを下げる働きを持ちます。

和洋中喉の料理でも合う食材で、
味に癖が少ないのが特徴です。

イカはとても良い食感をしていて、
良く噛んで食べることによって
消化不良を防ぐことが出来ます。

噛む回数を増やすことで、
満腹感燃えることが出来ます。

イカやタコは低カロリーで、
ヘルシーなイメージがあります。

でも、食べすぎることは、消化に良くありません。

ダイエット中に食べるには
あえて高カロリーな調理法で、
高脂質にすることで少量でも満足できます。

イカやタコも置き換えることで、
ダイエット効果をアップさせることが出来る食材です。

イカやタコなどのカロリーは、
以下の通りとなります。

  • タコ:約76kcal
  • えび:約92kcal
  • ホタテ:約72kcal
  • イカ:88kcal

 

他の魚介類と比較すると、
イカは確かに高カロリーですが、
食品全体から見れば低カロリーです。

イカやタコの料理はバリエーションが豊かなので、
置き換えだイットにもぴったりですね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました